How to grow - 観葉植物

置き場所

室内のレース越しの窓辺・明るい室内

【春 - 秋】

直射日光の当たらない窓辺、真夏に高温になりすぎないところ

【冬】

​日当たりがよく最低気温が 10℃ を下回らないところ

1.gif

水やり

水やりは重要なポイントです。

『過剰な水やりは根腐れの原因 !!』

【春 - 秋】

成長期です。乾いたらたっぷりと鉢底から流れ出るまで与えましょう。

1 週間に 2 回程度

【冬】室内温度によりますが 1ヶ月に 2 回程度

​霧吹きで湿度をあげると乾燥による葉傷みが抑えられます。

3.gif

肥料

植え付け時や植え替え時に元肥を施し、必要に応じて生育期に追肥を行います。

春と秋の生育期に液体肥料を与えるのも効果的です。​

4.gif

病害虫

アブラムシ・カイガラムシ等が発生したりしますが、日当たり良く風通しのよいところに置くことで予防ができます。

​日々の観察も重要です。

病害虫が発生した際は市販の薬剤を散布しましょう。

2.gif

楽しみ方

​インテリアやギフトに最適です。

​お気に入りの鉢や鉢カバーに入れて楽しみましょう。

5.gif

増やし方

種類によって異なりますが観葉植物には挿し木や取り木で増やせるものが多くあります。

​特性を調べて増やしてみてください。

6.gif

Question

植え替え時期は ?

一般的には春と秋が植え替え適期になります。

購入後すぐに鉢に植え付けたい場合は、根鉢を崩さず根を傷めなければ植え替え可能です。

​初心者の方やすぐに植え付けの必要がない方は夏と冬を避けて植え替えしてください。

​寒冷地の冬越し

屋外で管理している場合 10℃ を下回ってきたら室内へ取り込みましょう。

植物は冬越しの際休眠状態になる場合があります。耐寒性をあげるために水やりの頻度も少なくします。

​ただ、気密性のよい住居で室温も高い状況であれば休眠状態にはなっていませんので秋と同じような水管理が必要になります。

暖房の効いた室内はかなり乾燥していますので水やり頻度を調整してください。​